システムの導入

Solar power

太陽光発電はエコエネルギーとして多くの場所で使われています。システムの導入によって、電気代が安くなることや余った電力を売るという方法があります。システム導入後にはメンテナンスを行うことも必要です。

Read More...

メンテナンスの業者

Solar power

土地付き太陽光発電は、初期の設置費用を上回る利回りがあいrます。固定資産税の優遇措置や20年間の売電保証があるので、多くの人が注目しています。太陽光発電のメンテナンスを行う業者は、慎重に選ぶことが大切です。

Read More...

建物の劣化

Solar power

マンションのような建物の場合、新築から10年や15年経過するとあちこちが劣化してきます。建物の劣化がある場合は、大規模な修繕を行うこともあります。地震や台風に備えて建物の強度を高めることや、ヒビ割れを改善していきます。

Read More...

耐震工事の施工方法

実は様々な選択肢がある耐震補強

Solar power

これまでの耐震補強は、基礎や主要構造部のすべてを補強して一体化することを目指していたと言えます。 これは確かに理想的な方法ではありますが、その一方で、工事費が大きく跳ね上がってしまうため、かえって耐震補強工事の普及を妨げていた一因にもなっていたと考えられます。 建物の耐震補強には、実際には様々な選択肢があります。基礎や壁などを補強する従来の方法以外にも、たとえば、屋根や外壁を軽くする方法、偏心率を是正する方法、構造体の劣化部分を是正する方法、地震力を受けて大きく変形する部分のみを補強する方法などです。 今後の耐震補強は、こうした様々な方法を組み合せていくことで、現在の状況を少しでも安全側に寄せていくことが必要であると言っていいでしょう。

耐震補強工事の概要と動向について

住宅を含む建築物の中には、建築された年代によって現在の耐震基準を満たしていない物件があり、昭和56年以前に竣工した建物は耐震強度が不足している可能性があります。 このような建物には、まずは耐震診断を実施して、現行の耐震基準を満たしているかどうかのチェックを行い、耐震基準をクリアしていない場合は耐震補強が必要となります。 法律としては、耐震補強を義務付けるものではなく、耐震補強をできるだけ実施するように促す努力義務という位置づけになっていますが、今後は、大きな幹線道路に面する建物には耐震補強工事を義務付ける動きが出てきています。 耐震補強工事には大きな費用がかかるため、所有者はなかなか実施しにくいケースが多いですが、自治体では耐震補強工事の費用に対して一定の補助金を助成する制度も設けられています。