メンテナンスの業者

太陽光導入前に注意したい事

Solar power

土地代も含めた初期の設置費用を上回る利回りが魅力なのが、土地付き太陽光発電でしょう。注意すべき点は、ピーク時42円だった売電価格が年々値下がりしている事です。20年間の売電保証があるので権利を獲得した時の売電価格が20年間維持されます。土地付き太陽光発電の売電価格は年々値下がり傾向とはいえ、30円弱の売電価格を維持しています。固定資産税の優遇措置もある為、すでに土地を所有している人には多大なメリットがありますが所有していない人は慎重さが必要です。土地と併せた多額の資金が必要な事やメンテナンスも人任せになるからです。悪質な業者がメンテナンスを担当した場合、発電効率が悪くなり当てにしていた売電収入が減少するからです。

土地付き太陽光発電の豆知識

10kw以上の発電設備が、土地付き太陽光発電を導入するには必要となります。初期費用は大きいですが、10%以上の平均利回りに魅力を感じて老後の年金を補う為に導入する人が増えています。土地付きで30kwの発電設備が人気です。1300万円程の購入資金が必要ですが20年間で500万円以上の利益を生み出します。初期費用の支払いが完了した土地付き太陽光発電は30kwタイプの場合、年間50万円程の売電収入があります。グリーン投資減税という税負担の軽減策が適用される為です。悪質な販売業者を避けるためには、初期費用を想定する運用利益で割った値が8%から12%の間に収まる事です。12%以上の場合は想定が甘く信用できません。業者とは10年以上の長いつきあいになる為、信頼できる業者を見つける事が重要です。