建物の劣化

大規模修繕をする必要性

Solar power

カタチあるものはいつかは壊れると言いますが、それでも使えるうちはメンテナンスをして使うべきです。これはマンションを始めとする建物にも言えます。 マンションの場合、新築から10年から15年経過すると、いくら鉄筋コンクリートの建物とは言えあちこちが劣化してきます。そこで、大規模修繕を行う必要があります。大規模修繕は、不定期的に起こる大きな地震や台風などの自然災害に備えてマンションの強度を高めたり、壁のひび割れや水漏れ個所があれば修理をして、マンションを長持ちさせるのです。マンションのオーナーからすれば、もしこれから先にマンションを売却するようなことがあれば、定期的に大規模修繕をしておけば高く売ることができるのです。

修繕の大まかな流れについて

では、大規模修繕を行う場合、その流れはどうでしょうか。 まず、大規模修繕をするためには区分所有者で結成される管理組合で修繕委員会を立ち上げます。そこで、修繕場所やそれに見合った資金計画を立てていきます。修繕場所については、屋上の防水、躯体の劣化具合、タイルの浮き、ひび割れ、鉄骨のさびなどを参考に修繕箇所を明確にしていきます。それに基づき資金計画を立てます。 次に業者の選定が大事になります。業者は複数の業者がいますが、それぞれの業者を平等に扱うため競争入札という形を用います。これにより透明性の確保をし、住民の配慮もしっかりできる業者かどうかの判断も行います。 業者が決まれば請負契約を締結し、工事の着工をします。